ぱんちょなプロフィール
ぱんちょなスケジュール
ぱんちょなテレビ出演
ぱんちょなつぶやき
ぱんちょな写真集
人気のタグ
iPhone iPad 言語 男女の機微 タイガース 野球 携帯電話
ぱんちょなキャンペーン

2011年12月24日

邪魔の手

 フランス語に興味のない人にとってはどうでも良い話だが、このワタクシがフランス語を習得したカナダのフランス語は、フランスのフランス語と比べるとかなり訛っているらしい。

 あれだけ大きな大洋で隔てられている地域の言語が訛っていない方がおかしいような気はするので、訛っていることはたいして問題ではない。

 問題は、ロクにフランス語を話せもしないヤツが、このワタクシがカナダでフランス語を習得したと言うと、「カナダのフランス語って訛ってますよね?」と、鬼のクビを取ったかのように言うことである。
 その根底には、訛っているフランス語を話すヤツは、標準語を話せないに違いないという先入観がアリアリと感じられる。国内でもそうだ。

 申し訳ないが、このワタクシ、モントリオールのフランス語とパリのフランス語どころか、マルセイユのフランス語もアビジャンのフランス語もアンタナナリボのフランス語も使い分けられるのである。
 英語でも、トロントであろうが、ロンドンであろうが、カラチであろうが、カルカッタであろうが使い分けることは可能である。


 おっと、そんなことはどうでも良かった。


 先日、数十年ぶりに「青春18切符」なる切符で、「中年44」歳のこのワタクシが旅に出た。

 「青春18切符」を使うと、各駅での自動改札は通れず、駅員に切符を見せて通るという前時代的なことをしないといけない。

 事件は、最初の駅である東京駅で起こった。

 このワタクシ、結構急いでいたのだが、天下の東京駅にもかかわらず、なぜか一人しか駅員がいない改札で、駅員が前の二人組の客の対応を終えるのを待たされていた。

 こういうときに限って、その二人組は外国人の女性バックパッカーのコンビであった。

 訛りのある英語を聞いていると、二人は(多分海外でしか買えない特別な)JR乗り放題チケットのようなチケットで、渋谷に行こうとしているみたいであった。

 最初は、駅員が英語を理解していないのかと思い、場合によってはお手伝いしようと考えていた。
 あまり早く手伝いに回ると駅員の面子を潰すことになるので、タイミングが難しい。

 果たして、駅員はそこそこ英語のできる駅員であった。最初のうちだけは、外国人コンビの訛りについていけていなかったようだ。

 外国人コンビの一人がもう一人に駅員の言っていることを説明しているときの会話から、彼女たちがスペイン語を話しているということは分かった。


 フランス語に負けず劣らず、いや、フランス語よりも話されている国が多そうなスペイン語も、場所によって訛りがあるのは仕方がない。

 訛りの中でも比較的目立つのは「Y」の発音である。
 場所によっては、日本語の「ヤ」行に近い音で発音されたり、「ザ」行に近い音でで発音されたりする。
 ちなみに、スペイン語をアルゼンチン人に習ったこのワタクシの場合は、「ザ」行である。

 つまり、スペイン語の一人称単数である「私」に当たる単語「jo」を、このワタクシは「ジョ」と発音するが、世の中には「ヨ」と発音する人もいる。また、「リョ」の人もいる。
 ちなみに、アルゼンチン人がすべて「ジョ」という訳でもないらしい。

 もっとも、このワタクシ、相手が「ザ」行の人でない場合は、臨機応変に「ヤ」行などに変えている。


 以下、駅員とバックパッカー女性の英語の会話の日本語訳。

駅員:「渋谷には山の手線で向かってください」

女性:「ジャマノテ線ですね」

駅員:「そうです。ジャマノテ線です。あれっ」

女性:「この線に乗ってジョジョギで乗り換えてはダメですか?」
 女性は中央線の辺りを指差している。

駅員:「ジョジョギ、あれっ、で乗り換えるためには、2回乗り換える必要があるので、ジャマノテ線、あれっ、で行ってください」

 真面目な駅員であった。。。


(関連エントリー)
 「ふるさとの訛なつかし


ラベル:言語
posted by ぱんちょ at 00:00| Comment(1) | ぱんちょな言語エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

所変わっても、自国語のクセ(?)で読んじゃうんですね。。。

てことは、わたくしの名字をフランス人が発音したら、やはり出だしの子音はサイレントにされるのだろうか。。。
Posted by miha at 2011年12月30日 17:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
このブログの更新情報をメールで一日一回お届けします





ぱんちょに一言
info@aomatsunoriaki.com

@は小文字に変換してください


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。