ぱんちょなプロフィール
ぱんちょなスケジュール
ぱんちょなテレビ出演
ぱんちょなつぶやき
ぱんちょな写真集
人気のタグ
iPhone iPad 言語 男女の機微 タイガース 野球 携帯電話
ぱんちょなキャンペーン

2011年10月11日

STOP

 その昔、このワタクシがひょんなことから住むことになったカナダのモントリオールというところはトンでもないところだった。

 このワタクシの知識不足もあったのだろうが、25年くらい前のこのワタクシの知識が欠落していただけならまだしも、いまだに日本人やアジア人のほとんどの知識は、相当不足しているままである。

 今はどうか分からないが(多分、何も変わっていないと思うが、、、)、あの頃のモントリオールでは、公共の場所でのフランス語以外での広告や看板は禁じられていた。

 だから、例えば、「McDonald’s」は「’s」という文法がフランス語にはないので、当然アウトとなり、あえなく「McDonalds」と「マクドナルドくんの複数形」になっていた。
 「Wendy’s」は、担当者が頭をひねったのか、「’」の部分をカナダ国旗にある「楓」のロゴにしてうまくごまかしていたし、今はなくなってしまった「カナディアン航空」は英語の「Canadian」ではまずいので、フランス語の「Canadien」と英語の「Canadian」の一文字だけ違うところを、これまたロゴにしてごまかしていた。
 華僑などは、「中華料理屋にフランス語の看板では、客が来〜へんやんけ」と言って、罰金を払って中国語の看板を出していた。

 日本(という単一言語の国)からカナダに行ったこのワタクシからすると、わざわざ多言語対応するのはまったくもって金の無駄遣いにしか思えなかったのだが、その後世界の各地に行って、実はこの無駄遣いの方が世界の標準であるということがよく分かった。

 世界のほとんどの国は、多民族で多言語なのであった。
 そして、カナダなどは、さすがは超先進国なので、それなりに(あくまでも「それなりに」)、各民族の文化や言語を認めようとはしているが、たいていの国は、その国で力を持った民族の文化や言語が優先され、そうではない民族の方が抑圧されている。

 人類全員が一つの言語で会話ができるというのは夢だが、そんなことはあくまでも夢でしかない。
 本当にそんなことになってしまったら、この地球上で起こる面白いことの半分くらいはなくなってしまいそうな気がする。

 結局、各民族の最も表面的に表れている文化である言語が地球上には複数ある以上、各々の言語=文化は守られるべきであるし、本来は、他の民族が別の民族の文化を守ろうとさえすれば対立は起こらないはずである。

 しかし、現実には、言語や文化は、一つの民族にとって、空気のようにあまりにも自然にそこに存在しているので、不自然なもの、つまり他国の文化は、自分に余裕がなければ邪魔でしかない。

 結局、自分の文化は自分で守るしかなく、そこには対立が発生するのは自明の理である。
 人類の歴史上、数々の対立が発生し、数々の民族や文化や言語が葬り去られてきた。

 北米という巨大な英語文化圏において、わずか数百万人のフランス語文化圏を守るのは至難の業である。
 英語文化圏側がフランス語文化圏を守るわけもなく、ずっと対立状態が続いている。


 フランスの街角で、路上に「STOP」という標識を見つけた。






 カナダのフランス語圏では絶対にあり得ない標識である。
 フランス語の単独表記か英仏語両表記である。



写真はこちらのサイトから拝借




写真はこちらのサイトから拝借



 ヨーロッパにおける事情は分からないが、いずれにしても、フランスという国もフランス語という言語も、別に努力しなくてもなくならないから、「STOP」でも別に良いのかもしれない。
 また、ヨーロッパは常時色々な国の人が行き交っているから、誰でも分かるようにしておいた方が良いのかもしれない。

 北米の片隅では、フランス語という言語は簡単に吹っ飛んでしまうので、旅行に来たアメリカ人が「ARRET」の意味が分からなくて正面衝突の事故が起ころうが、「ARRET」でないといけないのである。


 明治維新直後の日本では、外国から輸入したものはことごとく訳して日本語にしていたが、今ではそんなことをせずに外来語のまま普通に使っている。
 そのこと自体は、日本語の持っている柔軟性の一つだとは思うが、同時に、明治維新直後とは違って、日本という国も日本語も吹っ飛んでしまうような状況ではないだけの国力がついたということでもある。


(関連エントリー)
 「ケベックはカナダの中の国家?
 「あれ以来
 「日本語の柔軟性万歳!


ラベル:言語
posted by ぱんちょ at 00:00| Comment(5) | ぱんちょな言語エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

すばらしい。。。
Posted by miha at 2011年10月12日 13:03
ひさびさに感銘を受けたです…
Posted by たろー at 2011年10月12日 15:08
 いつも、すばらしいし、感銘を受け取るはずやろ。
 失敬な。。。
Posted by ぱんちょ at 2011年10月12日 18:26

失敬とは失敬な。。。ヽ( ̄д ̄;)ノ
Posted by miha at 2011年10月14日 10:16
 。。。。。
Posted by ぱんちょ at 2011年10月15日 02:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
このブログの更新情報をメールで一日一回お届けします





ぱんちょに一言
info@aomatsunoriaki.com

@は小文字に変換してください


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。