ぱんちょなプロフィール
ぱんちょなスケジュール
ぱんちょなテレビ出演
ぱんちょなつぶやき
ぱんちょな写真集
人気のタグ
iPhone iPad 言語 男女の機微 タイガース 野球 携帯電話
ぱんちょなキャンペーン

2011年05月05日

プロ野球GW開幕説

 今から20年ちょっと前に、全米&カナダをただメジャーリーグとアイスホッケーを見るためだけに駆け回っていた。
 金がなかったので、移動手段はバス。そして、バスに乗る金も無くなったあとはヒッチハイクだった。
 結局、MLBとNHLの全球団を回った時点で、このワタクシの旅は終わった。
 (詳細:「ヒッチハイク」)

 だからと言って、メジャーリーグの野球が全てだとは思わないし、このワタクシが愛していたモントリオール・エクスポズが消滅してからは、どちらかというとメジャーリーグよりも日本の野球の方が重要になってきている。

 しかし、日本の野球で最も腹立たしいのは、公式戦が終了したあとの無駄な空白期間である。
 少なくとも北米においてはMLBだけではなく、NHLにしても、NBAにしても、NFLにしても、日本的な無駄な空白期間はありえない。
 公式戦が終わると間髪を容れずに、ポストシーズン、いわゆるプレーオフが始まる。

 日本では、両リーグの足並みが揃っておらず、時期がずれてプレーオフをやったり、数年前までは、パリーグだけがプレーオフをやって、その間セリーグはただ待つだけみたいなことになっていた。


 アメリカの少年野球を見に行ったときに、そこの父兄に教えてもらったのは、「いかに子供を楽しませるか」ということであった。
 例えば、スコアリングポジションにランナーがいて、ヒットが出たら、大人の3塁コーチがランナーを3塁で止めることは100%ない。
 日本だったら、あの当たりだとホームに帰れないだろう、、、という当たりでも、とりあえずは「ゴー」である。
 このワタクシが、「無駄死にしまっせ」って言っても、「ホームに突っ込めば何かが起こるかもしれない」というのが彼らの考え方である。
 とにかく、やっている人、そして見ている人が楽しくなければスポーツではないという考え方が根底にある。

 少年はそのような考え方のまま大人になり、何人かはプロになり、大多数は客席を埋めることになる。
 すると、2塁ランナーがホームに突っ込まなければ即ブーイングになるし、そもそも3塁コーチが止めることはほとんどないだろう。

 送りバントも同じである。
 1回表に送りバントをして、楽しい人は誰もいない。やっている人も見ている人も。
 面白くないことはやらないのがメジャーリーグである。
 いや、スポーツである、と言った方が良いかもしれない。


 だから、試合の無い期間なんてものは、最初から考えていない。

 ところが、日本では、公式戦のあとの試合の無い期間もさることながら、そもそも毎週必ず1日は休んでいる。
 野球のような運動量の極端に少ないスポーツに週1日の休みが必要であるとは考えにくい。
 プロ野球側は週一日の休みを「移動日」と呼んでいるが、東京から横浜に行くのに移動日もクソも無い。
 一方、「移動日」ではない日に、広島から名古屋まで移動してそのまま試合をするなんてことも多い。
 要するに、「移動日」ではなく単なる「定休日」である。

 そもそも、今の日本のプロ野球各球団が本拠地を置いている都市間の移動で一番距離があるのは札幌〜福岡間だが、その程度の移動に移動日なんて必要とは思えない。
 本当に必要なのであれば、そのような移動が必要な日程を組まなければ良いだけの話である。

 野球ファンの全員がそう思っているだろうが、とにかく全試合のない日は本当につまらないのである。
 仮に「移動日」というのを作ったとしても、毎週月曜日である必要はなく、移動するチームの次の移動地への距離に応じて臨機応変に「定休日」を取れば良いのではないのか。


 そう考えると、月に4〜5回ある移動日は2回くらいに減らせるはずである。
 なくなった移動日に試合を詰め込めば、六ヶ月で12試合くらいはできるだろう。
 さらに、交流戦の間は余計に「移動日」が作られている。
 それらも詰め込むと20試合くらいは余分に試合ができるだろう。
 そして、公式戦のあとの無駄な空白もまとめて10日分くらいは出てくる。
 つまり、開幕を30試合分うしろにずらせば、試合の無い日がほとんど無い日程を組めることになる。
 
 よって、このワタクシは、4月29日開幕を強く希望したい。
 すると、2月くらいから自主トレが始まり、キャンプインが3月。
 オープン戦が4月。

 だいたい1月の寒い時期に自主トレを始め、3月のこれまたまた寒い時期にオープン戦をやるから、怪我なんてするのである。
 4月にオープン戦ならそのリスクはかなり低い。
 GW開幕になれば、仙台でも札幌でも、それなりに暖かくなっているだろう。
 おまけに、休みの時期なので、観客動員も苦労しなくて済む。

 それ以降は、ほとんど休みなしに10月までびっしり試合をしてプレーオフ。
 雨で順延したら、躊躇無くダブルヘッダーだ。

 とにかく、チンタラチンタラ休み休みシーズンが続くのが一番つまらない。


(関連エントリー)
 「ヒッチハイク
 「なぜ日米で「ストライク/ボール」は逆なのか?

 「モントリオール・エクスポズ最期の日




ラベル:野球
posted by ぱんちょ at 00:00| Comment(0) | ぱんちょなスポーツエッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

このブログの更新情報をメールで一日一回お届けします





ぱんちょに一言
info@aomatsunoriaki.com

@は小文字に変換してください


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。