ぱんちょなプロフィール
ぱんちょなスケジュール
ぱんちょなテレビ出演
ぱんちょなつぶやき
ぱんちょな写真集
人気のタグ
iPhone iPad 言語 男女の機微 タイガース 野球 携帯電話
ぱんちょなキャンペーン

2011年03月27日

「海外では、、、」という連中

 大地震と津波のあとの原発問題で、毎日のように、大気や水のなかの放射性物質の濃度が報道されている。
 本来、空気も水もただで安全なものだったのに。。。

 今では「行ったことがない国はない」と豪語しているこのワタクシが、まだほんのひよっこだったときのことである。

 このワタクシは、初めてカナダのバンクーバーに行った。
 しかも一人で行った。
 英語なんて、今と違ってほとんどできない。
 旅行代理店に取ってもらったホテルには、タクシーの運ちゃんにガイドブックを見せることで、どうにかこうにか到着することはできた。

 日本から北米の西海岸に行く飛行機は、たいてい午前中に着く。
 昼前のホテルにチェックインすると、トンでもない時差ぼけのせいか、すぐに眠りに落ちてしまった。
 
 目が覚めると辺りは真っ暗。
 時計を見ると、夜の9時くらいになっている。
 腹が異常に減っていた。

 ホテルの場所の問題もあったのだろうが、窓から外を見ても、周りには店らしき店もない。
 外に出ても仕方がなさそうだったので、とりあえず最初の晩は、水でも飲んで空腹をしのごうと考えた。

 もっとも、水と言っても、ホテルの部屋の洗面所にある水道から出る水のことである。
 ありがたいことに、歯磨きのときにでも使うようなコップが置いてあった。
 水道をひねり、水をコップにいれ、さぁ飲もうというときに、脳の中で何かが囁いた。

 「海外では水道の水は飲めない。。。」
  
 おっとっとっ、、、と、水を飲むのを止めた。
 そうだ、そうだ、海外では水道の水を飲んではいけないのだった。

 結局、飲まず食わずで、眠くもないのにもう一回ベッドに戻り、必死に目を閉じて朝を待ったのであった。
 ようやく、夜が明けてきて、部屋の中が明るくなってきたときに、部屋には冷蔵庫が設置されていることに気付き、開けてみると、ミネラルウォーターやらジュースにアルコール、そしてナッツやチョコレートが山ほど入っていた。。。

 夜も、電気を点ければ冷蔵庫には気付いたのだろうが、一人での海外、そして時差ぼけ、とにかく動転していたのであった。
 とにかく、腹が一杯になるまで、冷蔵庫の中のものを食い漁り、飲み漁ったのであった。
 当然ながら、チェックアウトのときにトンでもない額の請求をされることになった。


 数日後、たまたま出会った日本人に、バンクーバーで水道の水は飲めるのかと聞くと、「まったく問題ありません」との返事が返ってきた。


 あれ以来、日本人が「海外では、、、」というのは、全て疑ってかかることにしている。
 そして、今では、その「海外」と呼ばれる場所には行き尽くしてしまったので、「海外では、、、」と言っている連中が、本当に「適当」にモノを言っているということは、すべてお見通しできるようになってしまった。

 「海外では、、、」と言っている連中を擁護する訳ではないが、彼らの問題は、「自分が見た海外のちっぽけな一部」を「その国」もしくは「日本以外全て」ということにして言うからなのではないだろうか。
 「海外では、、、」と言う連中には、「その海外って具体的にどこを指していますか?」と聞き返しておかないと、相手が意図的ではないのに、自分が騙されてしまうことになる。

 また、有識者は、自分の論理を正当化するために都合のいい「海外」を持ち出してくるものである。


(追記)
 海外では、車は右側通行だから。。。(たいていアメリカをイメージしている)
 海外では、禁煙なんて当たり前だから。。。(たいていアメリカの、しかも東西の海岸しか知らない)
 日本の政治なんて。。。(他の国の政治を知らない。たいていの国の政治はボロボロである)
 日本人はあれだけの震災が起こっても冷静だ。(基本的に、どこの「先進国」で大災害が起こっても冷静である)
 野球なんてアメリカと日本くらいしか。。。(そういうヤツに限って、そのあとに「世界で一番普及しているスポーツはサッカーである」と続く。クリケットなんて考えたこともない。)

 そして、誰もが思わず言ってしまうのが、「英語が話せれば世界の人と話せる。。。」
 まったくの都市伝説、迷信、デマ。。。


(関連エントリー)
 「右側通行、左側通行
 「NHK海外放送


posted by ぱんちょ at 00:00| Comment(0) | ぱんちょなエッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

このブログの更新情報をメールで一日一回お届けします





ぱんちょに一言
info@aomatsunoriaki.com

@は小文字に変換してください


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。