ぱんちょなプロフィール
ぱんちょなスケジュール
ぱんちょなテレビ出演
ぱんちょなつぶやき
ぱんちょな写真集
人気のタグ
iPhone iPad 言語 男女の機微 タイガース 野球 携帯電話
ぱんちょなキャンペーン

2009年11月24日

ヨーロッパ地図変遷

 先日訪問した株式会社CTS東京さんで見つけた、昭和60年代に発刊された地図帳。





 この写真のページについては、「西ドイツ」、「東ドイツ」、「チェコスロバキア」、「ユーゴスラビア」と今は存在しない国が4つも並んでいる。
 そして、この地図よりもっと東側は今ではまったく違う国だらけになってしまった。。。

 ベルリンの壁が崩壊してから20年。
 1989年の時点で世界地理をまだ習っていなかった子供ですら、もう30歳前後になっているはずである。

 しかし、よくよく考えれば、この写真の地図のようになってしまってから、今の地図のようになってしまうまでに掛かった時間は、約45年。
 さらにその45年前は、もっともっと欧州地図の様相は違っていたはずである。


1900年

国の数が少ない



 もっと昔になるとどうかというと、


西暦100年

領土大き過ぎ



西暦300年

二カ国しかない


 その後、数々の変遷を経て、


1800年



 ここでもう一度1900年。


1900年

スウェーデンの位置がずれたぞ



1914年08月01日

第一次世界大戦始まる



1914年12月21日

ドイツとロシアが双方から拡大している



1915年12月30日

ドイツがさらに拡大



1916年12月30日




1918年10月30日

ドイツ、まだやるか。。。



1920年

やれやれ。。。



1935

ドイツの旗が変わった



1940年

ドイツ、またやるか。。。



1945年

ドイツ、小さくなる。。。



1960年

アフリカに動きが



1990年

ドイツ、ちょっと大きくなる



1995年

今にかなり近い状態



 要するに、この辺りはず〜〜〜っと国盗りゲームをやっているわけである。
 これだけ動きの速い現代に、20年近くも同じ地図を使えていることの方が不思議なのかもしれない。
 
 そしてもうちょっと地図を広げれば、相変わらず国盗りゲームは続いている。


(関連エントリー)
 「ブランデンブルク門


*ここに掲載した地図は、「欧州&西ユーラシア歴史地図」を参照しました。
posted by ぱんちょ at 00:00| Comment(4) | ぱんちょなエッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに国盗りゲームですね。
参考になりました。
Posted by 通りすがり at 2009年11月25日 21:49
通りすがりさま

 まったくです。

 また、通りすがってください。
Posted by ぱんちょ at 2009年11月25日 22:45

今回は、通りすがったのではなく、誘導されました。。。
Posted by miha at 2011年12月21日 14:34
 通りすがりさんも、mihaさんだったのですか?
Posted by ぱんちょ at 2011年12月22日 04:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

このブログの更新情報をメールで一日一回お届けします





ぱんちょに一言
info@aomatsunoriaki.com

@は小文字に変換してください


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。