ぱんちょなプロフィール
ぱんちょなスケジュール
ぱんちょなテレビ出演
ぱんちょなつぶやき
ぱんちょな写真集
人気のタグ
iPhone iPad 言語 男女の機微 タイガース 野球 携帯電話
ぱんちょなキャンペーン

2009年09月10日

時報前のストーンヘンジ

 なぜ「無」から宇宙が生まれて、その中に銀河系や太陽系が生まれ、惑星がある一定の法則に基づいて誕生し、その中の一つの惑星に動物が誕生し、このワタクシが存在しているのかを考えると、夜も眠れなくなるので、とりあえずあまり考えないことにしている。

 先日明け方にコンビニに行こうとすると、コンビニの前のスペースに奇妙なものを発見した。





 なんだこの奇妙な小石の配列は?
 木の葉の上に幾つもの小石が置かれているのだが、幾つかの小石は既に風化してしまったのか、木の葉からこぼれ落ちている。

 ひょっとして宇宙から何者かがやってきて、何かのメッセージを意図して置いていったのか。
 それとも、古代、いや未来からのメッセージなのか。

 
 地球が誕生してからの時間を1日と考えると、人類が登場したのは24時間の数分前と言われている。
 つまり、23時間55分くらいは、人間もいない地球がくるくる回っていたことになる。
 偉い人が考えた結果そう言っているのだから間違いはないだろう。
 
 しかし、このワタクシとしては、どうも納得がいかない。
 1時間に一回くらい人類は誕生して滅亡したのではないのだろうか?
 最初の55分は人間もなく地球はくるくる回っているのだが、最後の5分に人類という動物が現れて、無茶苦茶やりまくって最後は核兵器かなんかで生き物も構築物も何もかもが滅亡してしまう。
 そして、また0分からやり直し。
 ところが、たまたま最新鋭の物質で作られていたため滅亡し尽くされなかったのが、ピラミッドであり、ストーンヘンジなのである。
 滅亡はしなかったが、最新鋭の物質は核兵器の影響で、石に変化してしまったのである。
 それらを次に現れる人類が、なぜ石なんかでこんなものを作ったのだろう、、、と怪訝に思っているだけかもしれない。

 今回の人類もたった5分の持ち時間をほぼ使い切ってしまっているようだ。もうロスタイムに入っているかもしれない。
 アジアの西の方では毎日爆発が起こり、日本の隣国ももう誰も興味を示さないくらい頻繁にミサイルをぶっ飛ばしている。
 地球さんは、「時報前のいつものことだ。すぐに皆いなくなるだろう」と思いながら、ただくるくる回っている。

 午後にもう一度前を通ると、平成のストーンヘンジは見事なまでに一掃されていた。


(関連エントリー)
 「さらば冥王星
 「空間の占有権
 「オバマジョリティー。。。
posted by ぱんちょ at 00:00| Comment(6) | ぱんちょなエッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
考えさせられました。
人類のチャンスはあとワンプレイくらいでしょうか?
Posted by 北京原人 at 2009年09月10日 03:42
ロスタイムに入っても諦めるな!が信条です。
かくいう私は、人生前半のロスタイムです。。。
Posted by miha at 2009年09月12日 22:02
北京原人さま

 多分、もう主審の笛は口にくわえられているでしょう。。。
Posted by ぱんちょ at 2009年09月13日 16:02
mihaさま

 残念ながら、、、
 貴女の人生が前半であっても、人類は既に後半のロスタイムです。。。
Posted by ぱんちょ at 2009年09月13日 16:03
わたくしが一掃しました。
Posted by 46 at 2009年09月14日 00:27
46さま

 夢やロマンのない男ですな。。。
Posted by ぱんちょ at 2009年09月14日 00:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

このブログの更新情報をメールで一日一回お届けします





ぱんちょに一言
info@aomatsunoriaki.com

@は小文字に変換してください


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。