ぱんちょなプロフィール
ぱんちょなスケジュール
ぱんちょなテレビ出演
ぱんちょなつぶやき
ぱんちょな写真集
人気のタグ
iPhone iPad 言語 男女の機微 タイガース 野球 携帯電話
ぱんちょなキャンペーン

2009年03月02日

モンゴルの時間

 遥か昔に書いた「モンゴルの思い出」(参照:「モンゴルの思い出」)は、あまりにも適当に書いたので、いつかは書き直そうと思って何年も経っていたのだが、2009年バージョンとして、とりあえず書き直してみた。
 どうも、前の方が切なかったような気がしないでもない。。。


 今から干支が一回りするくらい昔、ボクは、日本政府開発援助(いわゆるODA)の仕事でモンゴルに半年近く張り付いていた。羊の毛の質を良くするために、遊牧民のところに行って、ノミ取り用の薬剤を配っていたのある。
 ひとたび首都のウランバートルに着くと、あとは都会には立ち寄ることはほとんどなく、遊牧民のいるところを求めて、東奔西走していたのであった。

 当時(ひょっとすると今も同じかもしれない)のモンゴルには、携帯電話など当然なく、固定電話すらなかった。もっとも遊牧民に固定電話が要るのかと聞かれると、なんとも答えようはないのだが。
 とにかく、首都のウランバートルに何回線かの電話があるだけで、ホテルに泊まっても部屋には電話はなく電話局の交換手に繋ぐための電話がホテルのロビーにあるだけであった。そして、その電話にはダイヤルがなく、ノッペラボウの機械に受話器がついているだけである。要するに、受話器をあげると交換手に繋がるという仕組みである。

 当時のモンゴルでは、首都のウランバートル以外ではホテルに泊まるなんてことはほとんど期待できず、基本的には、巨大な傘のような形をした、ゲル(パオ)に泊まっていた。
 モンゴル人の視力には常々驚かされていたのだが、遠くを走っている馬の群れを見て、「13頭ですね」とか言うのだが、果たして、その群れが近づいてくると、本当に13頭なのである。
 ゲルの天井には、一辺が10センチ程度の正方形の灯り取り用の窓が付いていた。
 ボクの1.5の視力でも、その窓からは数百の星が見えるのだが、彼らの視力だと、数万は見えているに違いない。


 当時、ボクには彼女がいて、二人とも24歳だった。ボクの誕生日が1月、彼女の誕生日は4月。
 ボクの24歳の誕生日に、彼女は「絶対に25歳になるまでに結婚したい」と呟いた。
 ボクは結婚なんて考えてもいなかった。その証拠に、干支が一周回っても、いまだに独身である。その時点で彼女の25歳まであと15ヶ月となっていた。
 三ヵ月後、彼女の誕生日がやってくると、彼女はまた同じことを言った、「絶対に25歳になるまでに結婚したい」と。ボクがモンゴルに半年張り付いたのは、その直後のゴールデンウィークからであった。

 モンゴルに行ってしまうと、電話がない。つまり、彼女とのタイムリーな通信手段はまったくない。もっとも会社とのタイムリーな通信手段もないのだが、これはこれでありがたいことである。
 さすがに彼女も怒っているかもしれないと思い、一度ウランバートルに出た際にオペレーター経由日本に電話しようとしたのだが、オペレーターがモンゴル語しか話せずあえなく撃沈したのであった。。。
 ボクは、さまざまな遊牧の民のところに行くたびに、彼女に書いた手紙を渡して、ポストを見たら投函してくれ、とお願いするようにした。毎週のように手紙を書いていたので、20通くらいは書いたはずである。

 そして、遂に、もう冬になるという頃に帰国することができた。
 彼女は、「どうして連絡しなかったの??」と激しく怒っていた。
 「電話がなくて、、、でも、手紙は送った。。。」などとシドロモドロになりながら答えると、彼女は、「私の25歳が迫っているので、見合いして結婚することにした」と言い出したのである。
 「それなら仕方ない」と言うと、彼女は、泣きながら去っていった。
 年が明けて、バレンタインデーに彼女は結婚した。24歳と10ヶ月目。
 その頃、ボクは孤独な25歳を迎えていた。

 しばらくして、彼女(もう、誰かの妻である)から連絡があった。
 「手紙が毎週届くんだけど。。。消印は1年近く前だけど。。。本当に送ってくれていたのね。。。」
 彼女は約1年後に離婚した。
 そして、ボクはいまだに独身である。

 後に判ったことは、彼女が見合いを真剣に考え始めたのは、ボクの「それなら仕方ない」のあとだったということである。
ラベル:男女の機微
posted by ぱんちょ at 01:16| Comment(4) | ぱんちょな恋の物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
“ボク”になってますよ!
Posted by 井筒 at 2009年03月03日 03:13
井筒さま

 ”ぱんちょな恋の物語”では、基本的には”ボク”なのです。
 で、今カテゴリー内の他のものを確認してみたら、そのつもりだったのに、、、ほとんどが”ボク”ではありませんでした。。。
Posted by ぱんちょ at 2009年03月04日 00:07
へぇ〜、あの頃そんなことあったんだ〜。
Posted by 元同僚K at 2010年05月12日 23:43
元同僚Kさま

 って、アンタ誰?
Posted by ぱんちょ at 2010年05月17日 00:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

このブログの更新情報をメールで一日一回お届けします





ぱんちょに一言
info@aomatsunoriaki.com

@は小文字に変換してください


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。