ぱんちょなプロフィール
ぱんちょなスケジュール
ぱんちょなテレビ出演
ぱんちょなつぶやき
ぱんちょな写真集
人気のタグ
iPhone iPad 言語 男女の機微 タイガース 野球 携帯電話
ぱんちょなキャンペーン

2008年12月05日

iPhoneの活用法

 例のiPhoneフィーバーから既に数ヶ月経っている。
 にもかかわらず、いまだにiPhoneの自分なりの使い方に結論が出ていない。

 自分なりの使い方に結論が出ていない理由は単純である。
 あまりに、和製携帯電話の機能が進化しすぎているので、今更iPhoneになったからといって、タッチパネル以外は目新しいことはあまりないからである。

 じゃ、なぜiPhoneを衝動買いしたのかというと、、、
 このワタクシ、いわゆるPDAというものは買わずにはいられない性格だからという単純な理由である。(参照:「日曜日に買ったもの」)
 とにかく、家の中には、ありとあらゆるPDAの骨董品がゴロゴロしている。
 PC宛にくるメールは全て携帯電話に転送することは可能だが、一度読んだメールを削除するという作業は、携帯電話では面倒くさいので、その部分はPDAに通信機能を持たせることで対応してきていた。
 そういう意味でも、iPhoneになったからといって、このワタクシがiPAQを利用していた頃とあまり変わってはいない。

 とりあえずは、電話の着信は今までの携帯電話からiPhoneに転送することによって、iPhone主体にしようとしてきたが、発信は今までの携帯電話の番号から掛けないと(知らない番号ということで)着信拒否される可能性が高いので、結局はiPhoneと今までの携帯電話の2台を持ち歩かなくてはいけない。
 ズボンには4カ所ポケットがあるのだが、既に4つとも入れるものが決まっているので、iPhoneのポジションがなくて困っている今日この頃である。

 そこで、発想の転換をしてみようと思う。
 iPhoneと今までの携帯電話には、重箱の隅を突くと色々と違いはあるのだが、最大の違いはカメラの性能だという気がする。
 それなら、今までの携帯電話を、「どこでも通信ができるカメラ」という位置付けにして、iPhoneだけをメインの電話にする。
 すると、今までの携帯電話は、カメラなので、鞄に入っても問題はない。
 これで、ズボンのポケットにiPhoneが入ることが可能となる。
 問題は、電話としてのiPhoneを活用するには、電話番号の変更通知を行わないといけないということであるが、そこまで腹をくくれるかを少し考えないといけない。


posted by ぱんちょ at 00:00| Comment(0) | ぱんちょなデジタルな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

このブログの更新情報をメールで一日一回お届けします





ぱんちょに一言
info@aomatsunoriaki.com

@は小文字に変換してください


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。