ぱんちょなプロフィール
ぱんちょなスケジュール
ぱんちょなテレビ出演
ぱんちょなつぶやき
ぱんちょな写真集
人気のタグ
iPhone iPad 言語 男女の機微 タイガース 野球 携帯電話
ぱんちょなキャンペーン

2008年09月04日

会って、知って、愛して、、、

 会って、
 知って、
 愛して、
 そして別れていくのが幾多の人間の悲しい物語である。

 サミュエル・テイラー・コールリッジ
 ・イギリスのロマン派詩人
 ・1772〜1834

(ぱんちょな一言)
 このワタクシも、幾多の人間のうちの一人のようだ。。。
ラベル:恋愛 男女の機微
posted by ぱんちょ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ぱんちょな男と女の名言集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
でもね。まじめな話。別れた女性と思わぬところで再会したりするのも人生の醍醐味と思うんだよね。最近、別れ=永遠にさようなら、ではないように感じます。
Posted by 台北競馬場 at 2008年09月08日 02:38
台北競馬場さま

 「別れた女性と思わぬところで再会したりするの」が人生の醍醐味とは思いませんが、、、
 「別れ=永遠にさようなら、ではない」ということには同感です。

 別れた女性と思わぬところで再会したことは数回あるが、いずれもロクなことではなかった。。。
Posted by ぱんちょ at 2008年09月08日 02:40
>ぱんちょ様
ナナ回目にはきっといいことがあるでしょう。。。
Posted by 台北競馬場 at 2008年09月09日 01:03
 そう願いたいものである。。。
Posted by ぱんちょ at 2008年09月09日 01:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
このブログの更新情報をメールで一日一回お届けします





ぱんちょに一言
info@aomatsunoriaki.com

@は小文字に変換してください


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。