ぱんちょなプロフィール
ぱんちょなスケジュール
ぱんちょなテレビ出演
ぱんちょなつぶやき
ぱんちょな写真集
人気のタグ
iPhone iPad 言語 男女の機微 タイガース 野球 携帯電話
ぱんちょなキャンペーン

2007年11月03日

未成年とアレした男性、無罪となり賠償金を求める

 淫行の愛知県青少年保護育成条例違反で逮捕、起訴されたオッサンが無罪となったため、国と県を相手取り損害賠償を求めて提訴したらしい。

(引用)
「淫行」無罪確定の男性、国・県に500万円賠償請求提訴
(読売新聞 - 11月02日 20:53)
 愛知県青少年保護育成条例違反=淫行(いんこう)=の罪で逮捕、起訴され、無罪が確定した同県春日井市内の男性(33)が、捜査は不当だったとして、国と県を相手取り、500万円の損害賠償を求めて名古屋地裁に提訴していたことが2日、分かった。
 この日の第1回口頭弁論で、国と県は請求棄却を求める答弁書を提出した。
 訴状によると、男性には妻子がいたが、勤務先の従業員だった当時17歳の少女と性的関係をもったとして、2006年9月に逮捕、起訴された。今年5月、名古屋簡裁は「真摯(しんし)な交際だった」として、無罪を言い渡した。男性側は「罰金刑ですむと持ちかけられて自白させられた」と主張している。
(引用終)

 うっかり読み流して、「これは冤罪だっ!」と思ったのだが、よくよく読んでみると、、、
 
訴状によると、男性には妻子がいたが、勤務先の従業員だった当時17歳の少女と性的関係をもった
 が、
 名古屋簡裁は「真摯(しんし)な交際だった」として、無罪を言い渡した
 となっている。

 すいません、真摯とはどういう意味なのでしょうか?
  しん‐し【真摯】
  まじめでひたむきなさま。「―な態度」

  [株式会社岩波書店 広辞苑第五版]

 つまり、少女に対してはまじめでひたむきであったということなのか?
 それなら妻子はどうなるのだ?
 妻子に対して真摯ではなくても法律上罪には問えないから、少女に対しての態度だけで判決を出したというのか?
 多分そうだろうし、妻子との関係がズタズタになっていることも否めない。

 しかしな〜、納得がいかないぞ。
 このワタクシなんて、妻子もいないにもかかわらず真摯な交際が実現しないというのに、このオッサンとくると妻子がある上にちゃっかり17歳とできちゃっている。
 こんな理不尽なことが罷り通るのか、ってやんでぇ〜。
 法的にどうかは知らんが、こんなことで我々の血税から賠償金が払わるなんてことは絶対に許せない。
 17歳の少女とできちゃったことに怒っているのではない、あくまでも真摯な態度から怒りをぶつけているだけである。
 とはいえ、17歳。。。
posted by ぱんちょ at 01:57| Comment(2) | TrackBack(0) | ぱんちょな男と女の珍事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
17歳がいいんですか。
男ってやっぱり若い方がいいんですね。
Posted by 南 at 2007年11月08日 08:38
南さま、
 コメントありがとうございます。
 言い訳するようでなんですが、このワタクシ、年齢にはまったくこだわっておりません。
 ですので、一つお近付きを。。。
Posted by ぱんちょ at 2007年11月08日 11:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
このブログの更新情報をメールで一日一回お届けします





ぱんちょに一言
info@aomatsunoriaki.com

@は小文字に変換してください


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。