ぱんちょなプロフィール
ぱんちょなスケジュール
ぱんちょなテレビ出演
ぱんちょなつぶやき
ぱんちょな写真集
人気のタグ
iPhone iPad 言語 男女の機微 タイガース 野球 携帯電話
ぱんちょなキャンペーン

2007年03月05日

ナンバープレートの色分け

 米国のいくつかの州では、酒気帯び運転の前科のある者に黄色、ピンク、赤のナンバープレートを義務づけているようだが、今般オハイオ州では、性犯罪の前科がある者の車に、前科がすぐにわかるよう、蛍光グリーンのナンバープレートをつけることを義務づける法案が提出されたようである。

(引用)
[シンシナチ 28日 ロイター] 米オハイオ州議会に、性犯罪の前科がある者の車に、前科がすぐにわかるよう、蛍光グリーンのナンバープレートをつけることを義務づける法案が提出された。
この法案には共和党・民主党の両党議員が賛成している。米国ではいくつかの州で、酒気帯び運転の前科のある者に黄色、ピンク、赤のナンバープレートを義務づけているが、こちらにも影響が出そうだ。
声明でマイケル・デボーズ議員(民主)は「蛍光グリーンのプレートで、ひどい性犯罪の前科のある者を一目で識別できます」と語った。
警察によると、このプレートで性犯罪者の追跡が容易になるという。性犯罪者はすでに地元保安官事務所への登録が義務づけられており、学校の300メートル以内に住むことを禁じられている。
「これで子供がいるオハイオの住民は、すぐに危険を察知できて安心できるでしょう」と語るのはサミット郡保安官のドリュー・アレクザンダー氏。
一方、法案の反対派は、特別プレートを使用すれば、その車に乗る性犯罪者の家族が傷つけられるとしている。
法案は、議決するか否かを特別委で審議する方針。
(引用)


 この法案が良いのか悪いのかは、なんとも言えないところではあるが、あまり行き過ぎると困りものである。
 そのうち、ナンバープレートを見ただけで、その人の過去がすべて分かってしまうようになるかもしれない。犯罪者は犯罪や前科数別に色が付き、一般の人でも学歴別に色が付き、下手をすると所得別に色分けされるかもしれない。(もっとも、所得の場合は、乗っている車を見ただけである程度分かるかもしれないが)
 
 一方、必要な色分けもある。
 「水着の色」にも書いたとおり、独身か既婚者かの色分けは非常に重要である。
 できればナンバープレートも色分けしてもらえると、多少はナンパもし易くなるのだが。。。
ラベル:自動車
posted by ぱんちょ at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ぱんちょなニュース一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
このブログの更新情報をメールで一日一回お届けします





ぱんちょに一言
info@aomatsunoriaki.com

@は小文字に変換してください


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。