ぱんちょなプロフィール
ぱんちょなスケジュール
ぱんちょなテレビ出演
ぱんちょなつぶやき
ぱんちょな写真集
人気のタグ
iPhone iPad 言語 男女の機微 タイガース 野球 携帯電話
ぱんちょなキャンペーン

2006年06月16日

80時間もエレベーターに閉じ込められる

 なんと、、、ドイツのベルリンで80時間もエレベーターに閉じ込められた老人がいるらしい。
 いくら週末とはいえ、、、しかも病院内での出来事である。

 話は少し逸れるが、例のシンドラー社の事故以来、さすがに外国のそれも世界的なメーカーの起こした事件だけに海外でもこのニュースが取り上げられているのかと思ったら、これがほとんど取り上げられていない。(とりあえずニュースになっているという程度である。気付かない人は気付かないであろう)
 ニュースなんてものは、その国の都合のよいこと(その国で話題になりやすいこと)を取り上げるだけなので、これはある意味仕方がない。(だから、このニュースも日本では話題にならない。−参照:「日本僧人絶食謝罪」)
 日本ですら死者が出るまでは、シンドラー社のエレベーターが暴走してもほとんどニュースにはならなかったのだから。。。
 だから今回のベルリンの事故でも、そもそもドイツでは日本のようにエレベーターの事故がホットになっていないので、どこのメーカーが作ったのかはどこを調べても判らない。(知っていたら教えてください)
 一方、ベルリン発のロイターのニュースの焦点は、「この老人が元エレベーター修理工であったこと」、「救援隊の捜索は病院内ではなく、近くの運河をあさっていたこと」に置かれている。
 老人は、「エレベーターが上下に少し動いただけで、アラームボタンを何度押しても誰も反応しなかった」と言っているが、なんとなく日本で我々が毎日のように聞いているニュースと似ていたりする。

 やはり、このシンドラー社の問題は、会社が世界でエレベーターを売っているだけに、世界的に糾弾しないといけないであろう。

(追記−2006/06/16)
 シンドラー社製ではなかったようである。


(関連サイト) 
 「シンドラー以外のエレベーター


(引用)
CNN.com - How I lasted 3 days in broken lift - Jun 14, 2006

BERLIN, Germany (Reuters) -- A German pensioner and former elevator repair man had to survive on just a packet of biscuits while he was stuck in a broken hospital lift for three days.
Karlheinz Schmidt, 68, who had turned up for a routine appointment at a Berlin hospital, slipped out of his wheelchair during the 80-hour ordeal in which he repeatedly pushed the lift's alarm button without anyone hearing his call for help.
"I was lying on the floor and the elevator went up and down for a bit. I pushed the alarm button several times, but nothing happened," the daily Bild quoted Schmidt as saying.
"I thought to myself ... 'Karlheinz, that's it. You're on your own now.'"
Schmidt, who appeared on German television looking pale and weak, was finally discovered on Monday after a nurse reported the broken lift.
Schmidt's son had launched a hunt for his father but rescue workers after scouring the hospital grounds had concentrated efforts on dredging a nearby canal.
(引用終)
ラベル: エレベーター
posted by ぱんちょ at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ぱんちょな世界の珍事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
このブログの更新情報をメールで一日一回お届けします





ぱんちょに一言
info@aomatsunoriaki.com

@は小文字に変換してください


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。