ぱんちょなプロフィール
ぱんちょなスケジュール
ぱんちょなテレビ出演
ぱんちょなつぶやき
ぱんちょな写真集
人気のタグ
iPhone iPad 言語 男女の機微 タイガース 野球 携帯電話
ぱんちょなキャンペーン

2006年06月12日

行方不明になったこと

 実は、このワタクシ、、、三歳くらいの頃に行方不明になったことがある

 今では聖人君子のようなこのワタクシでも、幼少の頃は、どこにでもいる腕白坊主であった。
 だから、ガラスの破片が散らばっているところに行くなと言われているのに突入して血だらけになったり、隣の家の犬を蹴っ飛ばした結果、お尻を噛まれたりしたのである。

 さて、その行方不明の話だが、自分の家の斜め前に住んでいた大西という同じ年の男(ガキ)と探検に行こうということになり、近鉄大阪線の最寄り駅から一つ先の駅まで歩いて旅に出たのである。
 三歳の子供にとっては、一つ先の駅といえども大冒険である。もう気分は「スタンド・バイ・ミー」で、少しビビリながらも旅立ったのである。
 正直言って、旅の中身はほとんど覚えていない。隣の駅の駅舎の記憶だけが脳裏に深く焼き付いている。

 そして、ボクたちは、悠々と凱旋した。少なくともそのはずであった。
 ボクと大西の家の辺りは、家に方に向かって上り坂になっていて、得意満面のボクたちは、最後の坂を悠然と上り始めた。
 ところが、どうも様子がおかしい。近所の人が全員いるのではないかと思うほどの雑踏である。おまけにパトカーまで数台止まっている。多分、人生で最初にパトカーを間近に見たときはあの時であろう。
 探検者気分のボクたちは、何かスゴイ事件が起こったに違いない、と思って、雑踏に駆けつけた。

 、、、と、何のことはない、ボクたちが行方不明になっていたのである。
 時間にして三時間くらいだが、ボクたちの消息が不明になり、近所の人が総出で捜索していたとのことであった。
 このあたりの記憶は曖昧だが、今は亡き祖父に、母がこっぴどく叱られたということを後になって聞いたことがある。

 昭和45年くらいの話だが、あれから約35年、世の中は大きく変わってしまった。
 今では三歳の子供が行方不明になること自体が難しいことであろう。このワタクシのようにフラフラするガキには間違いなくGPSが付けられているであろうし、子供がいなくなってしまえば数十分で警察の非常線が張られてしまうに違いない。
 今の子供に冒険心を持たせようと思ってももはや無理な注文かもしれない。

 三つ子の魂百までとはよく言ったもので、このワタクシ、いまだに時々行方不明になってしまうのである。。。


posted by ぱんちょ at 21:00| Comment(7) | TrackBack(0) | ぱんちょなエッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うむむ、三歳のときと三十年後のいまやっていることあまりかわってないという気が。。。
Posted by lin25 at 2006年06月13日 01:10
違った。三十年ではなく、四十年もたってたね。。。
Posted by lin30 at 2006年06月13日 01:15
linどの
 いちいち訂正の年数を送らなくてもよいのである。
 実際は、36年である。。。
Posted by ぱんちょ at 2006年06月16日 04:54
家に方に向かって。。。
Posted by 46 at 2010年12月27日 10:30
46さま

 なんのこっちゃ。。。
Posted by ぱんちょ at 2010年12月27日 16:51

46さん。。。
Posted by miha at 2010年12月28日 15:39
mihaさま

 。。。。。。
Posted by ぱんちょ at 2010年12月30日 23:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
このブログの更新情報をメールで一日一回お届けします





ぱんちょに一言
info@aomatsunoriaki.com

@は小文字に変換してください


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。